スーパーライトショアジギングのライン選び

スーパーライトショアジギングのライン選び

スーパーライトショアジギングにおいては、ナイロンラインを使用してはいけません。

他の釣りと同様に傷みが早いのもありますし、何より遠投性能が悪く強度が弱いので、スーパーライトショアジギングには明らかに不向きです。

また、切れることが多くて尚且つ伸びてしまうのでスーパーライトショアジギングではナイロンラインは使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

スーパーライトショアジギングのライン選びについて

使用するラインですがPEラインで、太さですがスーパーライトショアジギングにおいては太くても1号あれば十分です。

スーパーライトショアジギングでは結構細いラインでも大丈夫であり、中には0.4号くらいのを使っている人もいます。

ただ、個人的には0.4号だとちょっと心許無いのでスーパーライトショアジギングには0.6~0.8号がお勧めします。

また、よく1~2号のPEラインを使った方が良いとも言われていますが、スーパーライトショアジギングに2号も必要無いというのが個人的な見解です。

ちなみに私はライトショアジギングもよくやりますが、使用しているのはPEラインの0.8号です。

そして次にリーダーですが、こちらはフロロカーボンのものを使用し、長さは一ヒロより少し長くして、一ヒロ半くらいが良いでしょう。

残念ながら何も釣れないなんてことになればそんなに必要ありませんが、何度も魚を釣り上げて行けば、メタルジグに近い部分からリーダーがどんどん傷んでいきますし、岩礁が多いところでは尚更です。

傷んできたら小まめに切って常に大物に備えましょう。

※釣りで仕掛けの長さやウキ下の長さを何ヒロと表現します。
腕を広げて指先から指先までの長さが1ヒロです。
約1.5m≒1ヒロ

あわせて読みたい

スーパーライトショアジギングのロッド選び
スーパーライトショアジギングには専用ロッドがあるので、専用ロッドで釣るのが一番無難です。 しかし、実際のところスーパーライトなだけあってシーバスロッドやエギングロッドで十分事足ります。 ...
スーパーライトショアジギングのリール選び
スーパーライトショアジギングは一日の中で結構な回数とメートルのラインを巻くことになります。 軽装備とはいえ、それなりに距離をキャストしなければならなので、その分大きいリールだと投げる時に手に負担...
メタルジグ選びのポイントはここ!ジグの重量とカラーを揃えて釣果アップ!
スーパーライトショアジギングやライトショアジギングに最適なメタルジグ(マイクロジグ)ですが、カラーがセットで揃っているものがおすすめです。 アジングやメバリングでも使用出来る軽量なジグはショアジギングやトラウトフィッシングでも使えるオールラウンドなメタルジグと言えるでしょう。
スーパーライトショアジギングのフック選び
スーパーライトショアジギング(ウルトラライトショアジギング)におけるフック選びについて解説します。 スーパーライトショアジギングでメタルジグにどういったフックを付けるのかは、釣り場の環境...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする